ライフイベントを満喫したい女性エンジニアへ

今後を考える女性エンジニアには「レバテックフリーランス」がおすすめ

忙しい女性エンジニアへ、ライフスタイルを満喫してもらうための転身法

最新記事

レバテックフリーランスを見てみる

レバテックフリーランスを見てみる

レバテックフリーランスの魅力、メリット

レバテックフリーランスを利用しているエンジニアの平均年収は801万円。フリーランスにはボーナスがないので、月収約67万円となります。正社員としての福利厚生などの保証はなくなりますが、それを差し置いても十分な報酬といえるでしょう。会社員の場合は、基本的に年功序列なので、若いうちは大して給料をもらうことができませんが、フリーランスの場合はスキル次第で、年収を上げることができますので、今では20代でフリーランスになる方も多くいらっしゃいます。
レバテックフリーランスに登録すると、まるで派遣のような感じで案件を紹介してもらい、フリーランスとして働くことができます。派遣との違いは「派遣会社と雇用契約を結ぶか」「働く先の企業と雇用契約を結ぶか」の違いです。常駐型フリーランスは1ヵ月ごとの契約締結時に報酬が定められていますが、派遣は基本的に時給制です。サイト上に掲載されている案件を選んでエントリーするだけですので、実際に営業活動をすることはありません。営業活動を苦手としているフリーランスには重宝することでしょう。
レバテックフリーランスは業界最大級の案件数を保持しているのが最大の特徴です。現在働いている会社との契約が終了する際にも、途切れることなくすぐに次の案件を紹介してくれますので、仕事がなくなる心配もありません。フリーランスの一番の心配事は、仕事がなくなることです。その心配から開放されることは、精神的余裕を与えてくれます。

安心のフォロー体制

案件参画後も人材担当、企業担当、フォロー担当という複数人体制で、徹底的に手厚くフォローしてくれます。給与の支払いが早いのも嬉しいポイントです。フリーランスの場合、給与の支払いが遅いというのがネックになります。レバテックフリーランスの場合は報酬支払いまでの期間が、「月末締め翌月15日払い」と業界内でも最速です。企業から費用を回収してからエンジニアに支払うのではなく、先にエンジニアに支払って、後から企業から回収しているからだそうです。

レバテックフリーランス

業務委託でおすすめのエージェントはこちら

レバテックフリーランスでは求人案件だけでなく、お役立ちコンテンツとしてフリーランスに必要な節税対策や確定申告についても詳しく紹介しているのも特徴の1つです。

会社の雰囲気がいい

他のサイトより丁寧に作り込まれており、顔写真付きでコーディネーターや受講者の声を掲載していたりと、しっかり考えてくれているというのが伝わってきますし、信頼につながります。「エンジニアやデザイナーにとって無理な三角やマッチングから外れた参画は絶対に提案いたしません」と企業理念でも謳っています。フリーランスに少しでも興味があるようなら、自分の市場価値を知るためにも一度エージェントに相談してみるといいかもしれません。

おすすめの投稿はこちら